「Our special organ」(私たちの特別な器官)

 2019年、映像24分 

胎盤は女性が妊娠した時にのみ作られる。胎盤は胎児に栄養を与えるほか、胎盤と胎児をつなぐ臍帯は幹細胞の研究などにも使われる。女性はとても重要な器官を生み出すことができるが、社会は女性の権利を守るために形成されているだろうか?この問いをきっかけに、ジェンダー問題を捉えるため、本作品では胎盤を巡る話を科学や文化的な側面から考察する。インドネシアでは胎盤が赤ちゃんの兄弟姉妹と考えられていることから胎盤を埋める慣習があるが、それが日本でもかつて行われていたことを踏まえ、妊娠を経験した日本人女性、インドネシアの助産師、パラジ(インドネシア・スンダ文化における伝統産婆)、また日本で幹細胞の研究をしているインドネシア出身の博士課程の学生に胎盤に関して取材を行った。映像ではそれぞれのインタビューによって物語が進んでいき、またパラジから教わった胎盤を埋める時に必要なものを集め、埋め方を実践している。

Stills 

© meihomma 2016